桐蔭高校

トップ > 多彩な教育 > 学科の概要 > 数理科学科の概要

数理科学科の概要

数理科学科研修旅行を実施しました。(平成30年3月8日)

名古屋で触れる「世界基準の技術、研究」

●ものづくりのわくわく感溢れる産業技術記念館。

●名大、ノーベル賞展示室。最高峰の研究の轍。

 7日(水)、2年生数理科学科3月の恒例行事となっている研修旅行を実施、FG組計78名が、名古屋のトヨタ産業技術記念館と名古屋大学を訪問、理系ならではの学びを深めてきました。

 当日は貸し切りバス2台で和歌山から名古屋へ移動、最初の見学先トヨタ産業技術記念館では、機械繊維館と自動車館を自由見学。どのコーナーの展示も「技術の進歩」や「ものづくり」の精神、その素晴らしさにあふれたもので、刺激いっぱいの二時間半となりました。一行はそのあとバスでもう一つの見学地名古屋大学へ。たいへん丁寧で興味深い学校説明を全員で受けたあと、本校OB現役名古屋大生2名(医学部・理学部)がナビゲーター役を買ってでてくれ、クラスごとキャンパス内を巡りながら、後輩たちに学内の施設等をたいへんわかりやすく紹介してくれていました。

 和歌山~名古屋間、往復計7時間の大移動となりましたが、日本が世界に誇る自動車メーカー「トヨタ」の記念館と、名門国立大学「名大」という世界基準体験を通して、学びのモチベーションを確実に上げつつ、全員が無事に研修を終えることができたようです。


数理科学科校外研修を実施しました。(H29年3月7日)

  2年生数理科学科恒例の校外研修が6日実施され、2クラス計79名が、神戸市立須磨海浜水族園と、理化学研究所で終日研修を行いました。

 当日現地へは貸し切りバス2台での移動。午前中の須磨海浜水族園では、海の生態系についての講義とバックヤードツアーに参加。ツアーでは通常では見られない調餌(ちょうじ)や水槽の濾過循環の様子等貴重な見学ができました。

 午後からの理化学研究所では、日本が世界に誇る

スーパーコンピューター「京」を間近で見学、「京」を用いた地震や気象、薬剤耐性のシミュレーションの最新技術についての講義も聴講しました。質疑応答のコーナーでは「京」のメンテナンスや次世代コンピューターについて活発に質問が生徒達から飛び交っていました。

 自然に対する興味関心、最先端の科学技術体験と、数理科学科ならではの理系マインドをくすぐる知的刺激に富んだ研修となりました。

   

●環境への興味関心をくすぐるバックヤード見学。             ●科学技術の最先端に最接近できました。

 

数理科学科の概要

 

【数理科学科の概要】


 自然科学の領域に強い関心をもち、将来の進路を国公立大学理系学部へと考えている生徒に適した学科です。科学的思考力を伸ばし、21世紀の社会を創造する個性豊かな人材育成を目指します。
 2年生以降は、理科と社会で科目選択があります。

【数理科学科での学習】


 1年生で数学と理科の時間を多く設定して、実験や演習のための時間を確保しています。特に理科においては、生物・化学・物理の境界領域の学習をはじめ、地球科学の分野・情報科学の分野の学習等も組み入れ、将来、専門分野へのアプローチができるようにしています。 






トップ |  「新たな普通科」 |  校長室の窓から |  学校運営協議会 |  部活動 |  活躍する桐蔭生 |  桐蔭の歴史 |  桐蔭の自然 |  PTA活動 |  リンク集 |  各種ダウンロード |  サイトマップ
〒640-8137 和歌山県和歌山市吹上5-6-18
TEL:073-436-1366 FAX:073-423-8033
E-Mail:アドレス